開店祝いの花の選び方

身近な人はもちろんですが、ビジネス関係で日頃お世話になっている人などがお店をオープンさせるためには、開店祝いを贈るのがマナーです。相手に欲しいものを聞くことができる場合には問題はありませんが、聞けず好みもわからない際には何を贈るべきか悩む人も多いのではないでしょうか。悩んだ際には、やはり花を贈るべきです。花と一口に言っても多くの種類がありますが、やはり開店祝いならば胡蝶蘭を贈るべきです。鉢植えの胡蝶蘭ならば数ヶ月咲き続けるのはもちろんのこと、花粉もあまり飛ばないので、飲食店のオープン祝いにも適しています。フラワーギフトの場合には、木札を付けることが一般的です。特にビジネス関係の間柄の場合には、木札をつけることによって自分の会社のアピールをすることにもつながるので、一石二鳥ということになります。

開店祝いに花を贈ろう

友人や知人が、お店を出す際、是非開店祝いの花を贈ってみましょう。やはりお店を出すということはその人にとって特別なことです。そんな特別な日に、素敵な物を贈る事で、きっと喜んでもらえるのではないでしょうか。そのお店に合う様な、きれいな物を是非贈りましょう。大きさや種類など豊富にあります。特別な日を彩る素敵な物を、心を込めて贈りましょう。相手の喜ぶ顔を想像しながら、そのお店の店頭飾るきれいな物を選びましょう。お花はとてもきれいで、また香りもとても良い物になっています。たくさんの人が集まるお店ですから、是非美しい花を飾ってみましょう。心を込めて贈るものは、きっとその気持が相手に伝わるのではないでしょうか。是非そんな素敵な物を、是非相手の事を考えながら選んで贈りましょう。その時間も素敵な時間になるのではないでしょうか。

開店祝いに花を贈るタイミング

知人やビジネス関係の人などが新たにお店をオープンさせた時には、開店祝いを贈るのは一般的なことではないでしょうか。何を贈るべきか悩んだ際には花を贈るのが無難ですが、贈るといってもタイミングはかなり重要になってきます。一般的には、開店する日の一週間前から当日までに贈るべきですが、祝賀パーティーなどに招待されている場合は、その日に合わせて贈るのも一つの方法です。オープンするとされていた日に、間に合わずオープンできないという事態も中にはありますが、そういう際に先に花が届くと工事の邪魔になるので本当にオープンする日はいつかもきちんと確認して把握しておくようにしましょう。お祝いの気持ちを伝えるために贈る開店祝いのマナーが悪いことが原因となって、相手と交流がなくなってしまうということのないように気をつけましょう。