開店祝いに花を贈る場合のポイントとは

開店祝いとして花を贈ることは一般的であり、また相手方にも非常に喜ばれます。華やかであり、これからの門出を祝う品して、とてもふさわしいからです。ただし、贈る場合には、相手方の意向に沿った品を贈るのが最もベストな為、事前に先方に確認をしてから準備することが大切です。置き場所や広さ、届けるタイミングや業種などを考慮して選択します。最も高価でありおススメは、胡蝶蘭です。どの業種であっても、選んで失敗することはありません。他にも、飲食店の場合はスタンド花も好まれます。大きくて非常に目立つ為、近隣住民へのオープンを知らせる役目にもなるからです。他にも、アレンジメントやフレームアートなどがあります。どちらもそのまま飾ることが出来る為、花瓶などを準備する必要がなく、またスペースもあまり取らない為、狭い店舗などには非常に有効です。お祝い札や名入れ札を付けて、贈ると良いでしょう。

開店祝いに花を贈りましょう

開店は新しく店を始めるスタートです。これからもよろしくお付き合いしたいという気持ちを込めて、開店祝いに花を贈りましょう。スタンド式のものや花輪などもありますが、おすすめは胡蝶蘭の鉢植えです。胡蝶蘭は1~3か月咲き続け、花粉も散りません。香りもほとんどないので、病院、飲食店、事務所など、どこにでも飾りやすいです。3~5本立てのものを選びます。縁起を担いで4本だてや9本だては避けます。ビジネスシーンでは木札を付けるのがマナーです。お祝いの言葉と贈り主の名を入れます。誤字などのないようにきちんと確認します。親しい間柄ならメッセージカードを付けます。火や火事を連想させる赤い色のものは避けます。最近はネットでも注文できるようになりました。自分の都合のいい時間に注文することが出来ます。1週間前から前日までに届くように注文しましょう。

開店祝いに花を贈るなら知っておくと良いポイント

新たに知り合いや取引先が事業を開始した際に、開店祝いとして花を贈ることがあります。その際次のようなポイントを押さえておくことで、相手が喜んでくれるような心遣いをすることが可能となります。まず挙げられるのが贈る花の種類です。一般的には胡蝶蘭を送ることが多いですが、長い間飾れるように店の雰囲気に合ったものを選択するのもよいでしょう。また場合によっては造花などを検討するのも一つの手です。次に挙げられるのが料金です。あまりに高額な料金のものを贈ってしまうと、贈られた方も負担に感じてしまい、今後の付き合いに問題が起きてしまうことがあります。そういう事態を避けるためにも、あまりに高額なものを贈るのは避け、手頃な価格にするのも重要です。上記のポイントについてしっかり考え、それぞれに合ったものを贈ることをお勧めします。