開店祝いに花を贈ることについてのマナー

開店祝いに花を贈ろうと考えた時に、どのような物を贈ったらよいのでしょうか。贈るうえでは、いくつかのマナーがあります。贈るものは前日や当日に相手方に届くようにすることや、火を連想させる赤一色の物は避けるなどです。開店祝いとしては、ランやアレンジメントなどが良いです。ランは高級感が溢れ、オシャレなイメージがあり、花言葉がとても素敵です。一般的にも贈答用としてよく用いられています。また、鉢植えは根付くという意味があり、縁起も良く、切った物より長い時間楽しむことができます。鉢には色々なサイズがあるので、お店の大きさに合わせた物を贈ることができます。アレンジメントは様々な花を用いて作るので、とても綺麗です。アレンジメントが一つあるだけで華やかになり、お店の雰囲気に合わせた色合いを選ぶことで、インテリアとしてとても重宝します。

開店祝いに花を贈る際の注意

知り合いがお店をオープンさせた時には、開店祝いとして何か贈ろうと考える人も多いのではないでしょうか。何が良いのかわからない時には、花を贈ることが一番無難で間違いがありません。しかし花ならばなんでも良いというわけではなく、赤いものは火を連想させるので避けましょう。お店が飲食店の場合には匂いの強いものは避けるという配慮も必要となってきます。それだけではなく、相手に失礼にあたることはすべて避けなくてはなりません。フラワーアレンジメントや観葉植物、インテリアになるものなど今の時代は様々な種類があり選択肢も豊富になりましたが、貰い手側が嬉しいと感じるものでなけれは意味がありません。オープンする日よりもあまりに早く届きすぎても、枯れてしまうので当日か前日に届くように手配するのがベストなタイミングといえます。

開店祝いの花について

知り合いがお店をオープンさせるということは、珍しいことではありませんが、そう頻繁にあることではないので開店祝いには何をプレゼントすれば良いのか頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。一般的には、花を贈ることが多いです。近年ではインテリアに向いたものやフラワーアレンジメント、ブリザードフラワーなど様々な種類があり選ぶのも迷うほどになりました。しかし贈る際にはマナーに気をつけておかなくてはなりません。赤い色は炎をイメージさせるので開店祝いにはタブーとされているのはもちろんのこと、花言葉についても送る前に調べるようにしましょう。いくら見た目が綺麗でも、意味合いが良くない場合もあります。相手が花に詳しくなくても、お店に足を運んだ人の中で詳しい人がいる可能性も大いにあるということは頭に置いておきましょう。