開店祝いの花について

親しい友人や、仕事関係など日頃お世話になっていたり関わりが深い人が、お店を新たにオープンさせる際には開店祝いを贈ることになるのではないでしょうか。開店のお祝いとして一般的なものといえば、やはり花です。鉢植えやインテリアになるフラワーアレンジメントなど様々な選択肢があります。しかし贈ればなんでも良いというわけではなく、きちんとマナーを守って贈らなくてはなりません。マナーを知らなかったが故に相手に不愉快な気分を味合わせてしまうことになっては、後悔しても仕切れないのではないでしょうか。せっかくのおめでたい場面で、お祝いの気持ちを伝えるための贈り物をしたのに、その贈り物が原因となって、相手と疎遠となってしまっては元も子もありません。花を贈る際にもマナーについてはしっかりと下調べしておくようにしましょう。

開店祝いの花の相場とは

開店祝いを贈る機会がある人は、一般的にはそう多くはないのでいざ贈るとなると、何を贈るべきなのか悩む人も多いのではないでしょうか。開店の祝いの場合は、花を贈ることが無難です。しかしその際にもいくらくらいにするのかで頭を悩ませる人が大半です。金額の相場は、相手との関係性で異なってきます。親しい関係ならば、その分金額も多くするべきです。花を贈ると一口にいっても、種類もありますが贈ればなんでも良いわけではありません。贈り物をするときには、必ずマナーが存在しています。開店祝いの場合には、送るタイミングや色など気をつけなくてはならない点がたくさんあります。花の場合には、当日に届くと営業の邪魔になるので前日までに、余裕を持って贈るようにしましょう。せっかくのお祝いの気持ちが、かえって迷惑となってしまわないように注意しましょう。

開店祝いに花を贈る注意点

親しい人やお世話になった人がお店をオープンさせるときには、開店祝いに何かを贈るのではないでしょうか。その際に定番ともいえ、相手に迷惑にもならないのが花ということで多くの人が花を贈っています。しかしその際には注意しなくてはならない点もあります。それは、どんなお店なのかです。飲食店の場合には、あまり匂いの強い植物は好まれないので注意しましょう。それ以外にも、花粉症の人などアレルギーがある人の場合は、かえって迷惑をかけることになってしまいます。相手と親しい間柄の場合には、欲しいものを事前に聞いておくようにしましょう。聴けない場合には、やはり植物が無難ですが、マナーを守るようにしましょう。火を連想させてしまうので赤色は避けるなど、考えておかなくてはならない常識がたくさんあるので注意する必要があります。

産地直送の新鮮花を宅配する事により、日本中のお客様に新鮮な花を、届けさせて頂ける事が他社との違いです。 当社では、様々なシーンにおける贈り物用の花を扱っており、WEBで簡単にご注文いただける他、FAXやお電話でのご注文も可能です。 当社では、様々なシーンにおけるお祝い花の販売を行っており、様々なオーダーメイドにも対応し、迅速な配送を行っています。 開店祝いの花ギフトはリンクフローリストで